iPhone SEは買いなのか?

iPhoneSEこんにちは、ろあです。
ついに発売となった懐かしの4インチサイズのiPhone SE。
すでにご購入された方もいらっしゃるのでしょうか。
今回は個人的に「買い」なのかどうかを検討してみました。
僕はかなり前向きに検討中。その理由も合わせてどうぞ。

iPhone6Plusから買い換え検討の余地あり

iPhone SEが買いかどうか、という前に僕は今使っているiPhone6Plusが不満でしょうがないのです。
タッチ操作が時々効かない、フリーズする、再起動する…もはやリコールをずっと待っている状態なのに一向にAppleからの発表はなし。

そこで気付きました。

あ、これがiPhone6Plusなんだ…。

そう、iPhone6Plusはその大画面につきメモリ不足なんだと思います。
搭載されているメモリは1GB。6Sや6SPlusなら2GB搭載されているので安心ですが、やはりメモリ不足だったのだと思います。

さらに、人で言う脳みそに当たるCPUもiPhoneはいまだにデュアルコア(2つの脳)なんです。
最近のスマホではクアッドコア(4つの脳)を超えてオクタコア(8つの脳)まで搭載されてきています。
ただiPhoneはデュアルコアで最適に動くように作られていたため、今まではそれで良かったんです。ですが、大画面化することによりその安定性も崩れてきたのではないでしょうか。
言うならば、画面だけ大きい【使えないスマホ】に成り下がってしまったのだと思えてならないのです。

そして不満点の二つ目。
IEが一向に大画面に対応しないこと。

前の画面に戻る時の「戻る」ボタンが画面上部にあり、非常に使い辛い。
ホームボタンを軽く二度タップすることで画面は引き下がってきますが、苦肉の策です。

結論から言うと、『iPhoneは4インチサイズだからこそiPhone』なんだと思うんですよね。

iPhone SEは「iPhoneをiPhoneとして使いたい」なら買い!

今回発売されたiPhone SEは4インチ画面に収まることで、より進化したCPUやバッテリー容量の恩恵を受けやすいと思います。メモリも4インチサイズにも関わらず2GBが搭載されました。

明らかに僕の求めていたサクサク感を満たしてくれると思います。

アプリがそこまで対応していない余計な3D touchも非搭載ですし、何より低価格なのが魅力的。
このコストが安いのは、おそらく5Sのパーツを使い回せるからだと思います。

iPhoneの分解で有名なiFixtの画像を見るとよく分かります。

iphonese-ifixit-1_640x480

パネルから伸びるホームボタンケーブルもそのままですし、マザーボード以外そのまま使い回せるんじゃないかと思う中身です。
カメラの画素数はあがっているので、そういったパーツは変更されているでしょうけど。

iphonese-ifixit-3_640x480

スペシャルエディションというだけあって、まさに進化版です。
真新しさはなくても「安心して使える」端末と言えるのではないでしょうか。
ベンチマークでもiPhone6Sを上回る勢いですからね。

iPhone7(仮)を待つべき?

「iPhone7(仮)を待つ」という声も聞こえてきますが、iPhone7(仮)からまた新たな進化をしてくると予想しています。つまり、すぐにiPhone7(仮)を買うのはiPhone6Plusの二の舞になる危険性があるということ。
それならば、4インチでの完成系とも言えるiPhone SEを低価格で購入し、iPhone7S(仮)を待つのが得策とは言えないでしょうか?

さ、そうと決まればiPhone6Plusを売ってしまおうかな。
ソフマップさんで5万円くらいで売れるんですよね〜♪

 

カテゴリー: iPhone タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です